赤ちゃんからでも英語学習を始めれば”得をする”という理由。

日本語と英語を話すときの口の周りの筋肉の使い方って全然違うので。得に単語や文章の中のRやTHの音は日本語にはない音なので、英語に慣れない日本人がそれらの英語の発音を発声している時は、普段使わない口の周りの筋肉をたくさん使ってるんですよね。しかも流暢に話そうとすると余計に。でも、幼い時から常に日本語も英語も両方聞いていると、両方発音していると成長したあとでも「日本語」でも「英語」でも口の周りの筋肉に”面倒な負荷なく”自然に発音出来るようになります。 ここで一つ。基本赤ちゃんがレッスン以外に聞いている音というのはほとんどが日本語ですよね。なので、わむぱむ的な考えでは”まずはちゃんとした日本語を覚えてからじゃないと、、、”という考えはしなくてもいいのです。なぜならどう頑張っても、やはり日本で住んでいる限りは『日本語社会』に囲まれるのです。 これは明らかな事実です。 でもここわむぱむレッスンで定期的に「幅広く言語を発せる口作り」をしていけば、きっとそれは多方面においてとっても興味深い事であり、日々多国籍の国際化しているこの日本で生活していくにあたってとっても良いスキル、今後の武器にさえなると思いますよ♪ ちなみに写真に写っているのは動物のカードでの『Tower game』^ ^ 親子で一枚ずつ紙コップの上にトピックカードをのせていくゲームです♫今日は9枚のせられましたよ。で、終わった後はみんなで“321、Blow up!!!!“みんなの息でタワーを崩しますっ(#^.^#)このドキドキ感がいいんですよねー(^ー^)ノ何も出来ないと思われる1歳2歳の赤ちゃんでもわむぱむレッスンにくれば出来る事はたくさんあります☆その発見をママ達とするのがまた楽しい♪デス★ さっ、今日もレッスンレッスン♪今日は新しいトピックもいれるつもりです♪みんなの反応はどうかな??☆  ]]>

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です